ラクスルの価格について

ラクスルに印刷を頼むということは、名刺なら業務に関するアイテムを準備するため、チラシなら、業績をアップさせるためという目的があります。どちらもラクスルへの支払いは経費に計上されますので、ラクスルに支払う価格が安く済めば、それだけ、ビジネスシーンにおいて利益を上げやすいともいえます。

 

ラクスルにかけた価格の費用分は、チラシなどの効果によって収益を最低限上げなければ、チラシを作成するコストによって赤字に転落してしまうことになってしまいます。このようなことにならないように、ラクスルに支払う価格をうまくコントロールしましょう。コントロールするといっても、ラクスルの営業に価格交渉を行うのではなく、印刷物の枚数と、納品期限を調整して価格を安くするのです。

 

ラクスルでは、納品の日時を伸ばすと価格が安くなります。また、注文する枚数を多くすればするほど安くなるので、名刺などで印刷内容が変わる予定がないのなら、たくさんの枚数を注文することで、ラクスルに支払う価格を安く済ませることができます。

 

チラシを印刷するには、コストがかかりますが、コスト以上の成果を上げないと、無駄なコストということになります。ラクスルにかかるコストを下げることで、無駄なコストになるパーセンテージを下げることになるのです。