メインビジュアル

国内人気旅行先ランキング! 

国内旅行では沖縄に北海道が不動の強さを見せつけていますが、季節によって多少順位が変わるのです。私の勝手な私見付きですがランキングを見ていきたいと思います!

国内人気旅行先ランキング 春編

1  那覇・首里(沖縄本島)
沖縄の梅雨入りは本州より早いのですが(目安はゴールデンウィークぐらいに梅雨入り)、春は暑すぎず、日差しも夏のような強烈な日差しではないので、陽気的には春が一番過ごしやすいのではないでしょうか?
2 札幌(北海道)
5月頃には、大通公園の花壇も見どころになります。気温はまだ低いので、定山渓・登別など札幌から近い温泉に足を伸ばして楽しむのもいいでしょうね。
3 大阪市内(大阪)
USJではなく、大阪市内の観光というのでランクインしています。大阪は食いだおれの町なので、大阪ならではのグルメを楽しみたい方やショッピングも楽しみたいですね~ちなみに、串揚げは二度づけは厳禁です!
4 福岡
福岡と聞けば、やはり「とんこつラーメン」はみなさん召し上がると思います。とんこつラーメンへ行かれたら、必ず「替え玉」してください。
5 恩納村(沖縄本島)
恩納村にはたくさんのリゾートホテルがあります。場所は、沖縄本島のほぼ中央部西海岸に位置しています。沖縄を代表するリゾートかもしれません。
6 京都市内
京都の桜は、枝っぷりがスケールが違います。太閤秀吉が花見をした醍醐寺の桜の木は一見の価値があります!京都はいつ行っても観光客で賑わっていますが、桜の季節はどこかしらで桜が咲いているので桜の木を長く楽しめます。
7 東京都区内
「東京スカイツリー」もありますし、新しくなった「歌舞伎座」。またはショッピングしたい!という大人から子供まで楽しめる首都ですね。
8 石垣島(沖縄離島)
石垣島がトップ10に入っています。石垣島直行の飛行機もありますし、最近はLCCも石垣直行で飛んでいるので、以前よりも価格的には安く行けるようになりました。
9 名護市(沖縄本島)
沖縄サミットで使われた『ザ・ブセナテラス』があります。そして、日ハムが春季キャンプをするので日ハムファンならば是非春季キャンプに行きたいのではないでしょうか?
10 神戸(兵庫)11 旭川(北海道)12 広島 13 北谷・読谷(沖縄本島)14 宮古島・伊良部島(沖縄離島) 15 熊本 16 東京ディズニーリゾート 17 函館 18 長崎 19 鹿児島・桜島 20 ユニバーサルシティ
やはり沖縄強いですね。沖縄の那覇・恩納村・石垣・名護と沖縄勢でランクインしています。意外に感じたのが、東京ディズニーリゾートです。東京ディズニーリゾートが10位以内にランクインしなかったのが、なんでだろう・・と思いました。

国内人気旅行先ランキング 夏編

1 那覇・首里(沖縄本島)
那覇ではDFSもあるので、外国気分も味わえるのでパスポートなしで外国旅行気分が味わえるのには沖縄はまさにピッタリです。
2 札幌
夏の北海道は、涼しく爽やかで花も一気に咲き誇ります。梅雨がなく、この季節の札幌は雨が一番少ない季節でもあります。
3 博多・福岡
博多駅周辺や天神駅に那珂川沿いと、夕方になると屋台がたくさん出店しています。屋台もお店ごとに特徴があり、おでんの屋台、メキシコ料理の屋台など特徴があるのでガイドブックで行きたいお店をチェックしておくと良いかもしれません。
4 恩納村
これぞ沖縄のリゾートといっても良いほど、たくさんのリゾートホテルが並んでいます。恩納村の道の駅では、マンゴーかき氷が有名です。
5 大阪市内
吉本新喜劇を見に大阪へ・・という方も多いでしょうか。大阪のこてこてな味も一緒に味わってください。
6 東京都区内
新しくなった東京駅も観光地として有名です。東京駅限定お菓子や東京駅限定土産もたくさんあるので、東京駅であっという間に時間が経つかも?!
7 鹿児島・桜島
鹿児島・桜島も見どころたくさんです。鹿児島の南には砂風呂で有名な指宿温泉もあります。砂の中にじっと入っているだけで大量の汗をかくので水分補給はお忘れなく。
8 長崎
幕府時代に出島があった街なので、洋館がいろいろあります。長崎は坂の街。歩きやすい靴で歩き、路面電車を駆使して街を巡りましょう。
9 熊本
くまモンですっかり人気になりました。熊本はラーメンも有名ですが、熊本へ行かれた時は阿蘇山へも行ってみてください。北海道のような雄大な景色が広がっています。
10 京都市内
夏の京都はめちゃくちゃ暑いです。それでも10位にランクインするだけあるので、京都の底力を感じました。京都の夏は平気で30度超えますので、水分補給はこまめに。
11 名護 12 旭川 13 石垣島 14宮崎 15 大分 16北谷・読谷 17 広島 18 函館 19 宮古島・伊良部島 20 富良野・美瑛
20位にランクインした富良野・美瑛ですが、夏の季節だからこそ訪れてほしい場所です。丘の町で有名な美瑛ですが、丘にジャガイモの花が咲く夏の季節は本当に綺麗です。白いジャガイモの花が咲いている丘の向こうでラベンダーが咲いていたりと丘がコントラストに色づく季節は夏限定です。

国内人気旅行先ランキング 秋編

1 那覇・首里
夏休みは料金が一番高い時期ですが、少しずらすだけで旅行代金も安くなります。秋になると日差しも夏よりは和らいできますし、海水浴も10月ぐらいまで泳げます。
2 札幌
北海道は、紅葉の季節も本州より断然早く色づきます。収穫の秋でもあるので、旬の食材を食べる楽しみもこの季節のお楽しみです。
3 大阪市内
春だけではなく、秋にも3位へランクインしています。大阪は人を集めるパワーがあるのでしょうね。
4 博多・福岡
福岡ダイエーホークスの野球観戦も楽しいかもしれません。福岡ドームの屋根は基本的に閉まっていますが、ホークスが買った時や開けてするイベントの時は空いています。花火をすることもあるので行くときにチェックしてみてもいいかもしれません。
5 京都市内
紅葉の京都もすばらしい。紅葉もライトアップされて、お寺との見事な美しさはこの世のものとは思えない美しさです。お寺によって夜間拝観もありますので、事前に見たいお寺ライトアップ等を確認された方が良いでしょう。
6 東京都区内
ハイブランドを見て回るのもいいですし、ファストファッションの店を見て回っても楽しいです。
7 恩納村
恩納村には、子連れに優しいホテルもたくさんあります。子連れに優しいホテルは、子供専用のバイキングもありますよ。
8 東京ディズニーリゾート
ここでようやく東京ディズニーリゾートがランクインです。こちらもいつ行っても修学旅行生らしき学生も見かけますよね。ここはまさに夢の国。大人も子供も大満足です。
9 神戸
神戸はスイーツの街です。スィーツの店をハシゴして、スィーツ三昧しちゃいましょう。
10 名護
名護もランクインです。ゴーヤパークやフルーツランドがあります。
11 熊本 12 広島 13 鹿児島・桜島 14 長崎 15 函館 16 旭川 17 ユニバーサルシティ 18 石垣島 19 本部・今帰仁・伊江島(沖縄本島) 20北谷・読谷
19位には海洋博公園内の施設に美ら海水族館があります。水族館以外にも、イルカに餌をあげれる施設もあるので、一日中楽しめます。20位の北谷・読谷ですが、ここはアメリカンビレッジで観覧車あり、巨大ショッピングセンターありでこれまたファミリーに人気のエリアです。

国内人気旅行先ランキング 冬編

1位 那覇・首里
冬の沖縄は旅行代金が一気に下がります。2月は沖縄にしてはかなり肌寒い季節になりますが、2月にはプロ野球がキャンプインするので、お目当ての球団が宿泊している宿に泊まる楽しみもあるのがこの季節です。
2位 札幌
札幌雪まつりがあります。札幌雪まつりの時に個人旅行をするならホテルはかなり早めに抑えていないとまず宿泊できません。札幌雪まつりを目当てでいくならば、ツアーに入るのが一番良いと思います。
3位 博多・福岡
博多の冬は暖かいと思ってはいけません。福岡は日本海に面しているので、雪も降ることがあります。もちろんダウンやロングコートを着用して行きましょう。
4位 大阪市内
やはり根強い人気の街です。大阪で高級ホテルもたくさんあるので、高級ホテルを楽しむのもいいかもしれないですね。
5位 東京都区内
お台場では何かしらのイベントを毎週のようにしていますし、お正月に皇居で天皇陛下のお言葉を頂戴すべく皇居へいくのもありですね。天皇陛下のお出ましで、国旗がいっせいに降られる映像を見られた方も多いのではないでしょうか?!そこに参加してみては?!
6位 京都市内
冬は特に修学旅行生がたくさん溢れます。いろいろな制服であふれかえる京都ですが、京都の冬もかなり寒いです。
7位 恩納村
冬でも人気の恩納村。冬の恩納村は値段もグッと下がるので宿泊代金が安く収まります。そして恩納村ではプロ野球はキャンプをしていませんが、すぐ近くの北谷・読谷・宜野湾などでキャンプしています。
8位 東京ディズニーリゾート
クリスマスの時期はクリスマスのイベントもあり、またカウントダウンは専用のチケットがないと入場できません。東京ディズニーリゾートが大好きな人は、毎年恒例のようにカウントダウンに行くみたいですよ。
9位 長崎
長崎名物のカステラですが、カステラのお店もたくさんあります。和三盆は特に高級なカステラで長崎でも結納などここぞ!という時に使われているそうです。
10位 鹿児島・桜島
鹿児島・宮崎は南国のイメージがあるのではないでしょうか?!鹿児島は福岡に比べてとても温暖な気候です。冬に旅行するには気候的に良い季節ですね。
11位 熊本 12位 神戸 13位 名護 14位 広島 15位 ユニバーサルシティ 16位 北谷・読谷 17位 宮崎 18位 大分 19位 本部・今帰仁・伊江島 20位 金沢
20位にランクインした金沢市がどうして冬にランクインしたかお分かりになりますか?兼六園の雪吊りですね。兼六園の雪吊りのライトアップされるごく短い期間限定で、入園料無料の時もあります。せっかく訪れるので雪目当てであるならば、やはり2月が良いでしょう。